あけましておめでとうございます!

 

昨年の夏から始めたこの連載ですが、今年も細々と続けていきたいと思っております。

 

今回は、新年ということで去年1年間で聴いてよかった曲(アルバム・アーティスト)を選んでみました。

 

ぜひ聴いたり聴かなかったりしてみてください。

 

(けっこう長いのでお時間のある時に御覧ください)

 

Laptop Funeral – “pretty punk”

 

Lo-Fiなキーボードの音・囁くような歌声。

 

フロリダの青年が奏でるベッドルームサッドポップ。

 

 

Yaeji – “EP2”

EP2

 

 

NYを拠点に活動するアーティストYaeji。

 

韓国語と英語が混ざった独特のラップにドープなトラック。かっこいい。

 

SAYOHIMEBOU

 

初めて聴いた時、目まぐるしい曲の展開に脳が処理できなくなりました。

 

Vaporwave・IDM・ブレイクコア…などジャンルで語るのは簡単ですが

 

さよひめぼうは”さよひめぼう”としか言いようがありません。

 

スカート – “20/20”

 

ポップマエストロ、スカートのメジャーデビューアルバム。

 

場所や時間を選ばずによく聴いてました。とても芯の強い作品。

 

集団行動 – “集団行動”

 

元相対性理論の真部脩一・西浦謙助が新たにボーカルを迎え新たに結成したバンド集団行動。

 

相変わらずの安心するポップさです。

 

​Jerry Galeries – “Quartz Plaza”

 

シンガポールから届いた80年代のソウル・シティポップ・AORを彷彿とさせるサウンド。

 

夕暮れのビーチ、ヤシの木、踊る若者たちが見えます。

 

Wake Up,Girls! – “恋?で愛?で暴君です!”

 

アニソンだと今年も作曲家:田中秀和(MONACA)の曲をよく聴きました。

 

この曲は複雑なAメロBメロで始まりサビの開放感がすごいです。

 

 

 

同じく田中秀和作曲のアニメガタリズEDテーマ「グッドラック ライラック」も最高。

 

Gus Dapperton – “I’m Just Snacking”

 

刈り上げマッシュルームヘアーに黄色い眼鏡という強烈なキャラクターでデビューしたガス・ダパートン。

 

少年のようで時々しゃがれる声がセクシーです。

 

Maison book girl – “image”

 

ニューエイジポップユニットMaison book girlはアルバムとEP共によく聴きました。

 

いつかスティーブ・ライヒとコラボしてほしい…。

 

 

 

アイドルは他にBiSHをよく聴きました。曲が良い。

 

​メイドインアビス ORIGINAL SOUNDTRACK

TVアニメ「 メイドインアビス 」 オリジナルサウンドトラック

 

 

オーストラリアの作曲家Kevin Penkinが手がけたアニメ『メイドインアビス』のサウンドトラック。

 

アニメの音楽と侮るなかれ、まるで洋画のサントラのような重厚感があります。

 

​少女終末旅行 – ORIGINAL SOUNDTRACK

TVアニメ「 少女終末旅行 」 オリジナルサウンドトラック

 

 

こちらもアニメのサントラ。

 

年末はこの2つのサントラを交互にずっと聴きながら仕事をしていました。

 

​LCD Soundsystem – “american dream”

 

ダンスパンクバンド7年ぶりの新作。

 

アメリカン・ドリームと謳っておきながらその内容はどこか哀しい。

 

​Giant Claw – Soft Channel

 

新興電子音楽レーベル「Orange Milk」の主催者Giant Clawの2017年の最新アルバム。

 

​​tofubeats – FANTASY CLUB

 

 

tofubeatsの最新アルバム。

 

全編に渡って歌われる「わからないもの」「気づかないもの(気がつかなくていいもの)」。

 

1曲も飛ばせない完璧なアルバムだと思いました。

 

​豊平区民 – メモリーレーン

 

 

北海道在住のVaporwave作家、豊平区民の名作。

 

ノスタルジーと哀愁。

 

​Visible Cloaks – “Lex”

 

新世代のAmbient music。

 

無機質な機械音声がディストピア感を生み出しています。

 

​Alex Cameron – Forced Witness

 

とにかくカリスマ性のあるロン毛のおじさんが熱く歌い上げる80sポップ。

 

これが2017年に生み出されたというのが信じられません。

 

PVもどこまで真面目でどこまでふざけているのかが分からなくて、とにかく最高!!!!!!

 

​Coma Cinema – “Loss Memory”

 

Mat CothranのプロジェクトComa Cinemaが4年ぶりに出した新作であり最後(Coma Cinema名義では)のアルバム。

 

最後にふさわしい名盤です。

 

 

今年もよろしくお願いします!

最近聴いて良かった曲 〜11月編〜

 

最近聴いて良かった曲 〜10月編〜