最近よく聞いている曲です。

 

uri gagarn – Jinx”

 

 

 

group_inouではcpとして奇妙なラップともポエトリーリーディングとも言えない独自の路線で活動していた威文橋 率いるオルタナティブバンドの最新作。

 

繰り返されるダウナーなギターリフと音の質感がとても心地よいです。

 

 

 

haruru犬love dog天使 – “デビルチルドレン”

 

インターネットから出現したフィメールラッパー(読み方は ハルル イヌ  ラブ ドッグ テンシ)

 

hiphop~R&B~ヴェイパートラップなトラックと独特な言語センス。

 

曲は本人の SoundCloud にたくさん上がっています。

 

 

 

イヤホンズ – ” あたしのなかのものがたり”

 

 

元々は「それが声優」というアニメのために結成された声優グループだったのですが、アニメ終了後も精力的に活動を続けているイヤホンズの新作。

 

イヤホンズの楽曲には挑戦的なものが多く、本作も□□□の三浦講師が作詞作曲を手がけています。

 

 

 

古都の夕べ – “方向”

 

相対性理論の前身バンド進行方向別通行区分から派生したバンド「古都の夕べ」が新体制となって2枚目のアルバム。

 

女性コーラスが加入して音が華やかになりました。

 

しかし10年以上活動しているのに、ほぼ同じコード進行と意味があるようで無い歌詞の曲をすごいスピードで作り続けているのは本当に凄い。

 

 

 

 

AOTQ – “e​-​muzak”

 

すべてのインターネット・ユーザーのための 
ヴァーチャル・ラウンジ・ミューザック。 

 

Bandcampに書いてあるこのコピーの通り、僕はインターネットをする際の音楽としてこのアルバムをずっと聴いています。

 

 

Seth Graham – “Gasp”

 

6月に初来日も決まった気鋭の電子音楽レーベル「Orange milk」の共同設立者であるSeth Grahamの最新作。

 

様々なレイヤーを持つ高解像度な音が頭の中を駆け巡っていくような感覚。

 

 

 

けもの – “めたもるセブン”

 

 

 

菊地成孔のレーベルからリリースされた「けもの」の2ndアルバムより。

 

変わる街、変わる東京、変わりたい自分。

 

 

 

Elvis Depressedly – “Pepsi/Coke Suicide”

 

以前も紹介したcoma cinemaのMat Cothranが現在メインで活動しているバンドElvis Depressedlyの中で僕が春に聴きたくなる曲です。

 

 

 

waterfront dining – “Loved & Lost”

 

ノスタルジー。

 

 

 

SOPHIE – “Faceshopping”

 

 

 

ロンドンのインディーレーベルPC Musicに所属するプロデューサー「SOPHIE」の2月にリリースされた新曲。

 

音もPVも最高。

 

 

それではまた来月

最近聴いて良かった曲 〜3月編〜

最近聴いて良かった曲 〜2月編〜