この不定期連載は、漫画家・ニャロメロンがヌートン編集部に「カートゥーン アニメ」の魅力をプレゼンし、日本のカートゥーン人口を増やしていく記事です。

 

そもそも”カートゥーン”って?

ざっくりいうと、アメリカやヨーロッパで作られている(主に)子ども向けの楽しい2Dアニメ全般を指すジャンル。ディズニーのアニメや『パワーパフ ガールズ』『タートルズ』などもカートゥーン。

 

『スティーブン・ユニバース』

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

 

今回ニャロメロンがプレゼンするのは『スティーブン・ユニバース』です。

 

 

どんなストーリーなの?

 

『スティーブン・ユニバース』は、宇宙人チーム「クリスタル・ジェムズ」の活躍を描いたマジカル・コメディです。ジェムズは体に「Gem(ジェム)」と呼ばれる宝石がくっついていて、ここから固有の武器を出したりして戦うんですな。

 

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

主人公は小太りでのんきな男の子、スティーブンです。

 

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

彼の家には「ガーネット」「パール」「アメジスト」という3人のお姉さんジェムズ(宇宙人)が住んでます。

 

――設定だけ聞くとおねショタハーレムですね。

 

絵柄のせいでぜんぜんそういう感じに見えませんが、実際そういう側面もある……。

 

スティーブン・ユニバースのここがいい!

だんだんと明らかになる世界の謎

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

カートゥーンについてお話するという企画を頂いた時に、自分の中でまず頭に浮かんだのがこの「スティーブン・ユニバース」でした。それくらい力強くオススメしたい作品です!

本丸すぎてなかなか言葉選びに慎重になってしまう……。気合を入れていきたいと思います。

 

――そ、そんなに……。

 

前回ご紹介した『アドベンチャー・タイム』もそうだったんですが、このアニメ、なんの説明もなく始まるんですよ。「ジェムズ」っていうのが何なのかまずわからないし、主人公はずんぐりな冴えない男の子。周りにいるメンバーはアフロのデカイ女、バレエの先生、背の低いヤンキー女。この子はわるい女のグループに騙されてるのでは…? みたいな。

 

――たしかに、コンセプトのわかりやすいアニメに慣れてる身からすると、とっつきにくい感はありますね。

 

 

無料公開されている第1話

 

第1話から謎ばっかりなんですね。お前ら3人なんなんだ、母親はどこ行ったんだ、ていうか何で宇宙人と暮らしてるんだよ、怪物は何だよ、と。初めて観る人は「?」を浮かべながら1話を観終えると思います。

自分も観始めた当時は「???」って感じだったんですが、14話まで観ることでだんだんと世界設定がわかってきました。

 

・宇宙人たちはどうやら地球を守るために活動している

・スティーブンは人間(パパ)と宇宙人(ママ)のハーフ
・ママはどうやら宇宙人たちのリーダー的存在だったらしい

 

軽いネタバレになりますが箇条書きにするとこんな感じです。

このへんからキャラクターの背景が分かるとともに、キャラが抱えている葛藤が垣間見えるようになってきます。

 

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

 

――こんな、ビスケットのパッケージみたいな絵なのに……?

 

14話ではスティーブンのママが育てていた植物がきっかけで騒動が起こり、友達から「お前のかあちゃんのせいだ」って罵られるんですが、ここで初めてスティーブンが感情を吐露するんですよ。「ぼくのママの何がわかる、息子のボクにもわからないんだぞ」って。

いままでわりとおちゃらけていたスティーブンが、自分の出自や消息不明のママの正体といった謎に対し、ずっと不安を抱いていたことがわかったんです。そのとき初めてこのずんぐりとしたキャラに共感を覚えることができましたね…。おめえ…苦労してるんやな…と。

 

 

1つめのキーワードは「エモ」

 

さて、ココまでは魅力の入り口にすぎません。
おそらくSU(スティーブン・ユニバース)ファンも「そこもいいけどもっと説明しろ!!」とヤキモキしてると思います。

 

――な、何か始まった!

 

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

この作品を2つのキーワードで表すなら、1つめは「エモ」です。エモい。超絶エモいんです。

 

――この絵柄でエモいとは思いませんでした。

 

スティーブンの苦労が理解できるようになる頃には、1話ごとにエモの津波が押し寄せてきます。

それぞれのキャラクターに設定されているコンプレックスを描くのがとても上手なんですよ。一人ひとりが異なる葛藤を抱えていて、それにどう折り合いをつけていくか…というのを、丁寧に丁寧にやってくれる。おそらくほぼ全員のキャラクターに「主役回」があるんじゃないでしょうか。それくらい、キャラの掘り下げがしっかりしてる。

 

 

 

それもそのはず、『スティーブン・ユニバース』の監督は、前回も取り上げた『アドベンチャー・タイム』の超神エモ回「僕の大切なもの」の脚本を務めた「レベッカ・シュガー」なのです!

 

――だからエモがうまいんだ!

 

「僕の大切なもの」は女子同士の心の触れ合いを歌った超絶な「百合回」でもありました。

そう、スティーブン・ユニバース、第2のキーワードは「百合」です。

 

2つめのキーワードは「百合」

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

実はこの作品、設定や世界観、ストーリーがすべて「百合」のために作られたと言っても過言ではありません。

 

――そんなことあります!?

 

 

人間とのハーフであるスティーブンを除くと、宇宙人のジェムズたちはみんな「女性」っぽい容姿をしています。そういう種族なんですね。

彼女たちはとてもおもしろい能力を持っています、それは「フュージョン」、合体です。ゴテンクスです。合体の仕方もドラゴンボールのアレを想像してかまわないです。

 

――合体……。

 

 


そして合体すると二人の人格は混ざりお互いの特性を併せ持った1人の人格になり、ゴテンクスみたいにめっちゃ強くなれます。

さて、ドラゴンボールのフュージョン、男だったら超絶ワクワクするアレを、エモ百合神「レベッカ・シュガー」が描くとどうなるか。

 

――どうなるんです!?

 

超昼ドラ百合になります。

 

――ついに来た……。

 

合体するのはおたがい女性のみ、そしてジェムズの間には恋愛感情はあるわけです。

そうすると生まれますよね、葛藤や、軋轢が!

「私と合体する時は嫌そうなのに、アイツと合体する時はやたら嬉しそうなのはどういうわけ!?」だとか
「私は貴方と合体する器じゃないわ…少し1人にさせて……」などなど……。
どうですかこれ! カップリング厨が大喜びする設定ですよ!

 

――「完全」ですね……。

 

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

もちろんお子様でも安心して観られるアニメなんですが、オタク目線だといくらでも深読みできてしまう構造になってるんです!

フュージョンの強さの快楽に飲まれて無理やりフュージョンをしようとするやつが現れたりですね……。

もう言っちゃうけどあれ●●●●だよ絶対。●●●●でしょあれ。●●●●●●で強くなるドラゴンボールだよ。

 

――それはあくまで個人の解釈としてください。

 

スティーブンに存在する多数の謎、それに伴う感情。お互いの心が通じ合わないと上手くいかないフュージョンという仕組み。

これらに意識を傾けると、この世界設定が完璧すぎることに気がつきます。

ふたりのジェムがフュージョンで一体化し、強くなる、それは「和解」の象徴なんです。

つまり仲直り●●●●なんですけど。

 

――いちおう子ども向けアニメでもあるので急に仲直り●●●●とか言うのやめてください。

 

このフュージョンが美しすぎる循環を作ってくれるんですね。

はじめにスティーブンを起点とした謎と周囲の人間ドラマがあり、その人間関係の亀裂を狙って敵や困難が訪れ、その困難をキッカケに和解し、フュージョン(通称:仲直り●●●●)解禁!

超強力パワーで問題解決!!! しかし新たな謎が……!

この美しく完璧な永久機関は一度嵌るともう抜け出せなくなります……!

 

――二次創作が捗りそうな設定ですね……。

 

実際、本国だと二次創作はとても盛んですね。フュージョンを百合ドラゴンボールと例えてきましたが、「こいつとコイツが合体するとどうなるんだ!?」みたいな。モンスターファームで組み合わせを調べるワクワク感もあるんですよね。オタクの妄想欲をくすぐるんですよ。

 

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

そして、重い百合設定をいたるところに散りばめながらも、主人公であるスティーブンが脳天気に話を動かしてくれるので、優しい気持ちで物語を追うことができるんですな!!

 

――なんてよく出来たアニメなんだ。

 

 

もっともっと日本で広まって欲しいアニメ!

 

――DVDとかは出てないんですか?

 

日本版はまだ出ていないんですよ……。

一番の近道は、カートゥーン ネットワークで再放送を追うことですね。オタクが大好物な展開が盛り沢山なので日本で人気になる土壌はたしかにあると思うんですが、とにかく興味を持つ人が増えてDVD展開や配信環境が整って欲しい…。そういう思いで今回ご紹介している部分もあります。

 

第4話まではYouTubeで無料で観られるので、そこから引っかかるものがあったら是非……。

 

――この良さが伝われば、日本でも流行しそうですね。

 

とにかくキャラクター達のデザインで敬遠するのがもったいなさ過ぎる位のオタクアニメなので、カートゥーンのオタク的アニメに触れてみたいという方は是非視聴をおすすめします。
最終的に「このデザインじゃなきゃヤダ!!」という所まで侵食されます。

 

 

「スティーブン・ユニバース」 TM & © 2017 Cartoon Network.

 

――とっつきにくいぶん、ハマると中毒性がすごいタイプの作品…。

 

エモだの百合だの色々言いましたが、もっと大きいテーマを1つだけ上げるとするなら「愛」です。

色調豊かな風景と、綺麗で美しい音楽、そして!
それぞれに悩みやコンプレックスを抱えながらも折り合いをつけて成長していく美しい登場人物たち!

ここまで丁寧にキャラクターの関係性を掘り下げてくれる作品は本当に稀だと思います、製作者の愛が広すぎる。
是非ご覧になってほしい!!! よろしくお願いいたします!!!

 

 

 

 

こちらはニャロメロン描き下ろしの『スティーブン・ユニバース』のイラスト。

 

 

アニメ専門チャンネル カートゥーン ネットワーク

愛とエモに満ちた百合ドラゴンボールこと『スティーブン・ユニバース』。

気になった方はぜひ観てみてください。