課金、してますか?

 

 

いまや、ゲームの主流はアプリやブラウザで遊ぶ基本無料ソーシャルゲーム。
無料ゲームやオンラインゲームのほとんどはいわゆる「課金」システムを採用しています。お金を支払うことでキャラクターを入手したり、ゲームを有利に進めたりできるわけです。

 

 

しかし、もともと無料で始めたゲームにお金を支払うのには、どうしても心理的抵抗が生まれるもの…。

周囲にも「課金するやつはバカ」と下に見てくる人が一人はいるのではないでしょうか?

 

今回はエリート重課金者が「課金」の抵抗を減らす心理テクニックを伝授いたします。

 

 

 

ケース1

 

 

 

 

 

そんなときは、こう返しましょう

 

 

 

 

【ポイント】

・「日常的に課金している人とは違う」というスタンスで課金しましょう。

85%の課金者は、はじめての課金を缶ジュースと比較するという説があります。

 

 

 

ケース2

 

 

 

 

そんなときは、こう返しましょう

 

 

 

【ポイント】

「ゲームを楽しむためにお金を払って何が悪い?」と開き直りましょう。

・値段を比較するものがだんだんと割高になっていきます。

 

 

 

ケース3

 

そんなときは、こう返しましょう

 

 

【ポイント】

・これまでゲームに費やした時間が増えてくると「いままで楽しんだぶんお金を後払いしてる」と言えるようになります。

・この段階で「120円課金するくらいなら余分にダイヤがもらえる600円のほうがいい」という思考になり「課金しない」という選択肢が消えます

 

 

 

ケース4

 

 

 

そんなときは、こう返しましょう

 

 

【ポイント】

市販のゲームの金額と比べる。これが1つの到達点です。

・この先でどんな理屈を組み立てるかが本当の勝負どころです。

 

 

 

ケース5

 

 

 

そんなときは、こう返しましょう

 

 

 

【ポイント】

・スケールをむやみに大きくすることで、相手も同じ穴のムジナ認定する戦法が効果的です。

・このへんからもう喧嘩腰です。

 

 

ケース6

 

 

 

そんなときは、こう返しましょう

 

 

【ポイント】

・「とやかく言うな」という、ある意味で最強の言い訳がこちらです。

・120円の課金で悩んでいた自分はもう昔です。

 

 

ケース7

 

 

 

そんなときは、こう返しましょう

 

 

【ポイント】

・「課金するために課金する」という、悟りの境地です。

・いったん落ち着きましょう。

 

 

 

ケース8

 

 

 

 

 

 

 

 

【ポイント】

・魂を代償に支払うのであれば、もはや誰も止めません。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

適度にネットサービスに課金して遊ぶのは楽しいですが、もちろん何事もやりすぎは禁物です。

 

 

 

「ついついお金を使いすぎてしまいそう…」という人は、ウェブマネーを使ってみては?

 

 

 

 

しかもこの記事の提供元であるウェブマネーさんは「お客様に日頃の感謝を伝えたい…!」と、総額250万円分のWebMoneyが当たる『大感謝祭2017』を実施中です!

 

 

 

 

この記事のURLとハッシュタグ「#課金の心理的抵抗をなくすテクニック」を付けてツイートすることで、100名さまに多くのゲームなどでも使える500円分の電子マネー「WebMoney」ヌートンオリジナルデザインがプレゼントされます!

 

ぜひ参加してみてくださいね!

 

 

・【応募期限】2018年1月10日(水)23:59まで
・厳正な抽選の上、当選者の方には2018年2月中旬頃より順次、
 ウェブマネー公式Twitter(@WebMoney_INFO)からご連絡いたします。
・賞品の発送は日本国内に限ります。

 

ケース9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ポイント】

・ありとあらゆるきっかけを理由にしましょう。

 

 

(おしまい)

 

 

▶WebMoneyCardの申込みはこちら

 

 

(イラスト……かまど