こんにちは、ARuFaです。

 

01

 

孫の手ってあるじゃないですか。あの、背中をかくやつ。

 

ご存知の通り、手の届かない場所がカユくなった時に使う道具なのですが、

 

ふと「そういえば最近使ってないな」と思い、久しぶりに使用してみたところ、僕は以下のような感想を抱きました。

 

 

DSC02065

 

「・・・・・」

 

 

DSC02073

 

d

 

ちょっと、何ですかこれ。あまりに原始的すぎません?

 

時は21世紀。最新技術や科学が進歩したこの時代に、「先っぽがちょっと曲がった棒」で背中をかいているだなんて変なんですよ。

 

 

 

……そこで今回は、革命的な『未来の孫の手』を作ってみました。

 

 

 

それがこちらです。

 

 

 

 

DSC02124

 

「孫の孫の孫の孫の孫の孫の孫の孫の手」

 

【作り方】

1.孫の手を8個連結する

2.完成

 

いかがでしょうか。

 

こちらが孫の手を8個連結させ、ジェットコースターのレールのように約2回転させた未来のお役立ち道具、「孫の孫の孫の孫の孫の孫の孫の孫の手」です。

 

 

 

DSC02134

 

孫×8ということで、いわば自分の16世代先(約480年後)の孫の手の感触を味わうことができる、という理屈になります。

 

 

 

新規dd

 

あなたの孫の、そのまた孫の、そのまた孫の………が、遠い未来から時空を越えてかゆみを取ってくれるだなんて、非常にロマンがあるとは思いませんか?

 

脈々と受け継がれたあなたの遺伝子が、今度はあなた自身を癒してくれるのです。不思議ですよね。

 

 

DSC02143

 

……いくつもの孫の手が連なり“円”を描いたその形は、まるで繰り返される人間の営みを表現しているかのよう。

 

実用性だけでなくメッセージ性も非常に強い、まったく隙の無い作品が完成したと言えましょう。

 

 

 

 

DSC02184

 

さあ、その使い方はというと、このように円の中に身体を通して使います。

 

 

DSC02185

 

あとは、普段通り背中をかく要領で、孫の手を上下に動かせば……

 

 

 

DSC02189

 

 

 

DSC02191

 

鼻をかくことができます。

 

それでは、さようなら。

 

 

 

これまでの発明はこちら