こんにちは、ARuFaです。

 

dsc09564d

 

我々人間が、毎日のように履いている「下着」。

 

衣服の下に履き、主に汗などを吸収する役目を持つ下着は、その性質上、どうしても汚れてしまうものです。

 

 

dsc09516%e3%81%82

 

特に、色の白い『ブリーフ』は、他の下着と比べても汚れが目立ちがち。

 

ブリーフユーザーの方は、「ずっと汚れないブリーフがあればいいのに…」と一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

 

 

そこで今回は、絶対に汚れないブリーフを作ってみました。

 

こちらです。

 

 

 

dsc09560

 

「汚れないブリーフ」

 

【作り方】

1.ブリーフの縫製された部分以外を切り取る

2.完成

 

ブリーフの汚れやすい部分を切り取り、汚れが一切目立たないブリーフを作ってみました。

 

こちらのブリーフ、履いてみるとこのような感じになります。

 

 

 

dsc09569a

 

いかがでしょう。

 

無駄が一切ないデザイン高い通気性が特徴で、肌がムレる心配が全くありません。

 

試着したユーザーからは、「まるで何も履いていないみたい」という声もいただきました。

 

 

dsc09577

 

バックのデザインはこのような感じです。

 

バックはフロントよりも通気性が高いため、ブリーフを履いたまま用を足すことも可能です。

 

 

dsc09569

 

また、こちらは「ブリーフ」として下半身に履けるのはモチロンのこと、「シャツ」として上半身に身に着けることも可能なのです。

 

 

 

dsc09670

 

その状態がこちら。第二形態とでも言いましょうか。

 

シャツの状態もブリーフと同じく汚れる部分がそもそも無いため、ずっと汚れずに着用することが可能です。

 

 

 

dsc09700

 

蒸し暑さの残る9月の気候も、このブリーフを着ていれば、快適に過ごすことができるでしょう。

 

 

dsc09746

 

本日付で初めて世界に発表したデザインなため、撮影中に職務質問されることもありましたが、今後このブリーフが世界中に広がればそのようなこともなくなるはずです。

 

洗濯物を減らし、環境にも優しいこの新しいブリーフを、是非とも皆さんも履きましょう。国会議事堂前とかで。

 

 

 

dsc09564d

 

それでは、僕の新しい扉が開いたところで、今日はこの辺で失礼いたします。

 

さようなら。

 

 

これまでの発明はこちら