こんにちは、ARuFaです。

 

00

 

先日、「はんこ自動販売機」という珍しい機械を発見しました。

 

1000円~1万円からの値段でオリジナルのハンコを作れるらしく、せっかくなので僕も作ってみることに。

 

 

 

00a

 

お金を入れてハンコの種類を選び、名前を入力すると機械が轟音を立てながら名前を掘ってくれます。

 

そして完成したのがこちらです。

 

 

 

03

 

『野口英世』と掘ってみました。この時点でこのハンコの価値は僕にとって”0”です。

 

とはいえ、この正確に掘られた文字には驚きを隠せません。現代の技術の進歩がうかがえますよね。

 

 

……でも、ちょっと言わせてください。

 

ハンコって、キレイに押すのが難しくないですか?

 

 

 

04

 

「ハンコの角度」「インクの量」「力加減」……このどれかが一つでも欠けた瞬間、押された印は不正なモノになってしまいます。

 

 

いくら現代技術が進んでハンコが作りやすくなったところで、それをしっかりを押せなければ意味がないので、今回はそんなハンコを確実に押すための発明を考えてみました。

 

 

こちらです。

 

 

 

 

05

 

「絶対に押し損じないハンコ」

 

【作り方】

1.ハンコをドリルにつける

2.完成

 

電動ドリルにハンコを付けただけの物を「発明」と呼べるかはあなたの優しさ次第ですが、性能さえ見れば、これがいかに優れた発明かがわかることでしょう。

 

 

 

07

 

さあ、それでは早速この「絶対に押し損じないハンコ」で押印をしてみたいと思います。

 

 

08

 

朱肉をたっぷりつけて……

 

 

09

 

スイッチオン!

 

 

 

10

 

ギャーーーーーーン!!!

 

 

 

12

 

ギュリリリリリリリリ!!!

 

 

 

14

 

ゴギャギャギャギャギャギャ!!!

 

 

 

15

 

バゴーーーーッ!!

 

 

 

16

 

穴が開きました。

 

……しかし、どうでしょう。穴が開いたことによって「ハンコの角度」「インクの量」「力の強さ」、どれも確かめる方法がありません

 

そして、確かめることができないのであれば、それは『失敗した』という証明もできない……つまり、『押し損じては、いない』ということになるのです。

 

この方法ならば、誰がどうしようが絶対に押し損じることはないでしょう。まさに完璧な発明です。

 

 

 

dsc00800

 

ちなみに、穴が開く前にやめると完全に失敗したことになります。

 

それではさようなら。

 

 

これまでの発明はこちら