こんにちは、ヌートン編集部です。今回は全国8600万人のフィレオフィッシュ好きの皆さんに朗報です。

 

世にも珍しい「フィッシュバーガー専門店」が、東京都目黒区中目黒にオープンいたしました。

 

マクドナルドでは異端児扱いされる「フィレオフィッシュ食い」に、まさか専門のお店ができてしまうとは……。

 

 

 

01

 

02

こちらが青葉台一丁目交差点からほど近くにある「deli fu cious(デリファシャス)」

 

お店のHPによると、なんとこの店名は「delicious + f○ckingの造語」なのだそうです。フィッシュバーガーというヘルシーげなメニューとは裏腹の「攻めた感」。シェフの工藤さんはすし職人の出身らしく、「元すし職人が作ったフィッシュバーガー」を味わえるのは全国ひろしと言えど、このお店だけではないでしょうか。

 

 

 

03

こちらがデリファシャスの看板メニュー、昆布じめにした白身魚のフライを和風出汁豆腐ソースでいただく「昆布〆フィッシュバーガー」(¥850+税)です。肉厚なフライの歯ごたえと、ほんのりダシの薫りを楽しむことができる豪快かつ上品な逸品。脇にチョコンとのった自家製ガリが「すし」の流れも感じさせる、和洋折衷バーガーと言うことができそうですね。

 

 

 

04

こちらは「活け〆煮穴子の天ぷらドッグ」(¥850+税)。作り置きナシでオーダーが入ってから調理するので、天ぷらはもちろんサクサク、そして穴子が驚くほどふわっふわ! 千切りきゅうりのシャキシャキ感も心ニクイ演出です。

 

 

 

05

そして全然フィッシュじゃないのに注文せずには居られなかった「だし巻き卵ドッグ」(750+税)。「夢でも見てるのか?」という光景ですが、このメニューは実在します。たまごサンドは普通にあるのに、だし巻き卵ドッグになるとなぜこんなに衝撃が走るのでしょうか。優しい和風だしで味付けされただし巻き卵はとろっとろで、旨い。

 

 

 

この他にも「西京焼きバーガー」や、プラス300円でカニミソもトッピングできる「カニクリームコロッケバーガー」など、オリジナリティの高いフィッシュバーガーが楽しめることうけあいの「デリシャファス」。フィレオフィッシュを愛する皆さんにはぜひ一度味わってみて欲しいです!

 

 

 

 

 

それでは最後に、まぁまぁ普通の解答をする「まぁまぁ普通大喜利」で、締めさせていただきます。

 

 

 

08

 

07

 

 

09

 

 

11

 

 

 

 

 

デリシャファス 公式HP