日本ハムのチキチキボーン!

 

食事に、お弁当に、おやつに! 大人から子どもまで愛される骨付きフライドチキン。レンジでチンと簡単なのもありがたいですよね。

 

 

 

そんなチキチキボーン、実は「チキチキボーンの素」からあげ粉が販売されていたんです!

 

これで作り立てのチキチキボーンが食べられる!?

 

 

 

 

作り方はいたってカンタン!

 

粉100g(1袋)に水100ccを混ぜ、そこへお肉を5分~10分漬け込み…。

 

 

 

油で揚げるだけ!

 

 

 

完成!

 

販売されているチキチキボーンより、フライドチキン感が強い見た目ですね。

 

では、さっそく会社の同僚に食べてもらいました。

 

 

 

めちゃめちゃうまいっ! でもコレ、チキチキボーンじゃないな…

 

え…? チキチキボーンの素なのに…? じゃあいったい……。

 

「これ…」

 

 

 

 

「ケンタッキーフライドチキンだ!」

 

 

 

 

「ケンタッキーフライドチキンだ!」

 

 

 

「ケンタッキーフライドチキンだ!」

 

 

 

 

 

そんなバカな…!

 

チキチキボーンを作ったつもりが、みんな大好きケンタッキーフライドチキンを作っていました…。

 

 

 

 

しかし、にわかに信じられないため、今度はチキチキボーンの素で鶏モモ肉を一枚丸ごと揚げてみました。

 

 

 

 

食べやすいように一口サイズに切り分けて完成!

 

確かに、衣の剥がれ具合といい独特のスパイスの香りといい、完全にケンタッキーフライドチキンだが…?

 

はたして…?

 

 

 

 

 

「ケンタッキーフライドチキンの“トロ”だ!!」

 

 

 

 

 

「ケンタッキーフライドチキンの“トロ”だ~!!」

 

 

 

 

 

「ケンタッキーフライドチキンの“トロ”じゃん!!」

 

 

 

 

 

 

「ケンタッキーフライドチキンの“トロ”かいっ!!」

 

 

 

 

「ケンタのオリジナルチキンの“トロ”~!!」

 

 

 

 

 

「ケンチキ“トロ”!!」

 

 

 

 

 

 

なんと、ケンタッキーフライドチキンのトロが完成されてしまいました…。

 

生の鶏モモ肉を1枚丸ごと揚げたことで、お店で食べるよりジューシーでスパイシーなフライドチキンに。

 

さらに、骨がないので箸で食べられるのも魅力的。一緒にビールやハイボールを飲むのも、コチラのが優れています。

 

食べた人が言うに「ケンタッキーの”トロ”の部分を集めた感じ」とのこと!

 

 

 

チキチキボーンの素は、スーパーなどで販売中。最寄りの店舗で見かけた方は、ぜひお試しください!

 

クリスマスに向けてフライドチキンを自宅で作ってみましょう!

 

「チキチキボーンの素」なら豚のスペアリブがめちゃうまく焼ける