勇気とは人生の調味料ではないか?

 

昼時の商店街、天下一品の前に4人の男がいる。

 

この4人はただラーメンを食べに来たわけではない。

 

今後、生きていくうえで何十回も訪れるであろう天下一品において、最上の味付けをするためにほんの少しの勇気を示しに来たのだ。

 

 

 

 

天下一品といえば、ポタージュのようにどろどろな鶏スープが特徴の「こってり」。

 

みんなこれが大好きで天一に来ている。

 

 

 

 

もちろん、彼らもだ。

 

この4人、今まで天一で「こってり」しか頼んだことがない。

 

ただ、この日だけは勇気を出して「あっさり」を頼む。

 

今まで「『あっさり』ってどんな味なんだろう?」と思うものの、いざ店内で注文となると口に出るのは「『こってり』で…」。

 

今後、天一で堂々と「『こってり』で!」と言えるように、今日、ほんの少し勇気を出そうというのだ。

 

 

 

 

「あっさり」を頼んだ上でメニューを見てみると、「こってり」との推され具合がまったく違う。

 

 

 

 

むしろ「こってりが売りの天下一品」とも言い切っている。

 

 

 

 

勇者たちに走る不安…。

 

試みが成功すれば彼らは勇者となり得るが、失敗すればそれは無謀な愚者でしかない。

 

 

 

 

そしてついに、4人の前に夢にまで見た「あっさり」が現れた。

 

 

 

 

「あっさり」という名前で想像していたよりも、しっかりと香る醤油と脂に4人の目が見開く。

 

「こってり」と比較したからこその「あっさり」であって、一般的な感覚で言うと、これもひとつの「こってり」なのではないか? という疑念が4人に走った。

 

 

 

 

そしてスープを飲んだ瞬間

 

 

 

4人の表情が

 

 

 

変わった。

 

結論から言うと、「あっさり」は味のしっかりとした中華そばだった。

 

しょっぱい醤油スープと適度な脂が、働いた男たちの胃袋へ染みこんでいく。

 

「こってり」ほどの中毒性はなく別物のラーメンだが、これはこれで美味しいラーメンだったのだ。

 

 

 

 

しかし中には、「こってり」の影を追い求めた男もいた。

 

 

 

 

「俺は天一の『こってり』で、必ず白米を合わす。それは『あっさり』でも変えたくない」

 

そういった彼は、「あっさり」のラーメンで白米を掻っ込んだところ、少し物悲し気な顔をしていた。

 

「『あっさり』は『あっさり』でいい。だけど天一に来たらショット1杯だけでいいから『こってり』のスープが飲みたい」

 

4人はその意見へ静かに頷いて、店を後にした。

 

 

 

 

結果的に天一に来たら「こってり」を食べたい…。

 

ふりだしに戻ったかのような結論だが、4人からは晴れやかな表情が伺える。

 

これからは気兼ねなく「『こってり』で」と注文ができる…という心の開放感からなのか。

 

それとも、「あっさり」が「こってり」のカロリーと比べて1/3ほどしかないので腹が軽かったからなのか…。

 

それは「あっさり」を体験した者にしかわからない。

 

 

 

 

ちなみに、4人についてきて普通に「こってり」を食べ「天一で『こってり』食わんやつはバカ!」と言っていた永田が一番ウザかった。