最近よく聞いている曲(アルバム)です。

 

 

Cass. – “Postclub Prism”

 

 

ドイツ人のプロデューサーNIKLAS REHME-SCHLÜTERによるプロジェクトCass.。

 

ジャッケット通りの透明感溢れるアンビエント。

 

 

haruru犬love dog天使 – “梁州105-b feat. 野崎りこん”

 

 

 

haruru犬love dog天使のニューアルバムより。

 

術ノ穴からデビューした野崎りこんをフィーチャーリングした、辺境の地下街をイメージさせる呪術的なサウンド。

 

 

 

左右 – “NAKED”

 

 

男女2人組バンド左右のアルバム「カンバセイション」より。

 

極限まで研ぎ澄まされたソリッドなサウンドと、沸騰しそうでしないボーカルがかっこいいです。

 

 

 

ElephantGym – “moonset”

 

台湾のポストロックバンド。

 

メインはインストで、音もザ・ポストロックといった雰囲気ですが、この曲は浮遊感のあるボーカルが際立っていて気持ちいいです。

 

 

 

haruno – “The Quiet”

 

ニコニコ動画でボカロPとしてデビューし、ボカロ曲だけに留まらない活動をしている春野。

 

エレクトロニカ〜ポスト・クラシカル好きにがっちりハマる高解像度な音が心地いいです。

 

 

 

kudasai – “white noise”

 

LoFiなビート、ギター、絞り出すような声。

 

ロスで活動するプロデューサーkudasaiの最新アルバム。

 

昨年リリースされた「Falling EP」に収録されている『the girl i haven’t met』は名曲です。

 

 

Maison book girl – “おかえりさよなら”

 

 

新アルバムの発売も決まっているMaison book girlのEPから。

 

相変わらず他アイドルとは一線を画する世界観の作り方。早くアルバムが聴きたい。

 

 

 

sohee – “低い”

 

 

アンダーグラウンドなビートテープをリリースするオーストラリアのレーベルo-nei-ric Tapesから。

 

フィリピンのトラックメイカー。

 

 

elijah who – “Gentle Boy”

 

同じくo-nei-ric Tapesからビートテープ。

 

 

upusen – “Signal”

 

Vaporwave以降の良質な音楽を配信するLocal Visionsからリリースされたupusenによるレトロなシンセウェーブ。

 

3曲目『No Contact』の、まるでHDDがデータを書き込んでいるような音が好きです。

 

 

OGRE YOU ASSHOLE – “動物的/人間的”

 

デビュー当時の鋭いギターロックは完全に影を潜め、AOR的サウンドへと向かっているOGRE YOU ASSHOLEの新曲。

 

 

 

waterfront dining – “Cicada”

 

チョップド&スクリュードなVaporwave界の中で、かなりド直球なサウンドを作るwaterfront dining。

 

しかし作品全てにおいてその手法は一貫していて、美学を感じます。

 

 

それではまた来月

最近聴いて良かった曲 〜7月8月編〜

最近聴いて良かった曲 〜6月編〜