「鶏肉みたいな味」という表現

 

 

「味」の表現は難しい。

 

よく食べているものならまだしも、初めて食べたものの味を表現する時は、過去に食べたものに例えるのが近道だ。

そんな味の表現の中でも、特によく使われている形容がある。

 

 

 

「鶏肉みたいな味」

 

 

牛や豚や鶏ではないマイナーな肉を食べた人が言いがちなセリフだ。

一度は聞いたことがあるのではないだろうか。

 

 

鶏肉みたいな味-Wikipedia

 

 

実はこの「鶏肉みたいな味」という表現、Wikipediaに独立項目がある。英語圏でもこの言い回しは多用されているらしい。

主にどんなものが「鶏肉みたいな味」と表現されているかといえば……。

 

・アリゲーター属

・ウシガエル
・カミツキガメ
・イグアナ
・ヘビ
・ハト
・ウズラ
・カンガルー
・ウサギ
・カエル
・シロアリ

 

などなど。(Wikipediaより引用)

しかしこれ、本当だろうか?

 

なんとなく鶏肉にたとえてるだけで、実際はぜんぜん違う味なんじゃないか。

食べ比べて検証してみることにした。

 

 

 

 

(これ以降、「肉」の画像がたくさん出てきますのでご注意ください)

 

 

 

 

 

 

「鶏肉みたいな味」を食べ比べる

 

変な肉も通販で買える。

 

 

 

今回はAmazonで購入した「カエル」「ワニ」「カンガルー」「ウズラ」の肉が、どれくらい鶏肉に近いのか? を食べて検証してみたい。

 

 

調理法はシンプルに「茹でて塩をかける」のみとする。

 

 

カエルの肉

 

 

 

まずはベトナム産カエルの肉。

ベトナムではカエルはまあまあ食べられている食材らしい。

 

肉の「脚感」におののいてしまうが、勇気を出して調理する。

 

 

 

茹でる。

 

脚が健康的なピンク色に染まっていく。お風呂でくつろいでいるっぽい感じ。

アクはほとんど出ない。肉汁も血もほとんどないからだろうか。

 

 

 

できた。

 

「カエル……」という思いさえ払拭することができれば、けっこう美味しそうなプリプリ感だ(私は払拭できなかった)。

 

 

それでは実食!

 

試食は恐山・加藤・ARuFaが行う。

 

 

 

モグモグ……

 

 

 

【感想】

 

「見た目通りのプリプリ感」

「たしかに鶏っぽいっていうのはわかる」

「どっちかというと魚っぽくない? 弾力のある白身魚