こんにちは、ヌートン編集部の加藤です。

 

ゾンビウイルスの蔓延や核戦争など、世の中にはさまざまな「世界が崩壊する」映画やドラマ、アニメといった作品があふれています。

 

「終末もの」「ポストアポカリプス」と呼ばれますが、こういったことが本当にあり得ないと言い切れるでしょうか?

 

とはいえ我々のような凡夫に、核シェルターを自宅に備え付ける…なんて都合よく買えるほどの懐はございません。

 

 

 

そこでコレです。多機能スコップ

 

 

 

シャベル部分は、ただ穴を掘るだけでなく片刃がブレード、もう片刃がノコギリになっています。角度を変えれば鍬に返信。

 

またレンチやオープナーとしても使用可能です!

 

 

さらに柄を回せばドライバーが。

 

 

さらに別の部分には、うろこ取り、ノコギリ羽が備わった万能ナイフ。

 

 

さらにさらに頭の部分にはホイッスルとファイアスターター(マグネシウムの棒)まで…!

 

スコップでありながら、のこぎりやナイフなど、17通りの使い方ができるんだとか…。

 

 

もし暴徒やゾンビが襲ってきたら、銃のない日本では心強い武器となるはず。

 

 

敵が多かったら、ナイフと分離して戦うのもアリかもしれません。

 

 

崩壊した世界の中で、3000円ほどでワンランク上の存在になれる多機能スコップ。あなたも購入してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

そして、もし世界が崩壊したら、このハンドシグナルで仲間を探してくみてださい。

 

 

 

意味は「ワンちゃん」です。

 

さようなら。