「人生で一番美味しかったものって何ですか?」

 

 

この問いに対して、最も多いのが

 

そう、寿司。さらに言うと「回らない寿司」という回答。

 

1皿100円で食べられる回転寿司が一般化し、それはそれで確かに美味しいんですけど、あくまで普段食べるレベルの話。

 

一流の寿司職人が握る、真っ当な「回らない寿司」は別物といっても過言ではありません。値段も1人あたり数万円にもなり、人生で何回食べられのか……という縁遠いものなのが普通でしょう。

 

我々が買えるのはせいぜいスーパーで売っているパック寿司くらいのもの。

同じ「回らない」でも、次元が違いすぎるよ〜〜〜〜〜!!!!!!

 

 

超高級な寿司を、激安で食べたいよ〜〜!!!!!!!

 

 

 

じゃあさ……

 

 

 

 

催眠術でパック寿司を、銀座の高級寿司に変えてもらえばいいのでは?!?!

 

 

「超高級なお寿司が食べられる企画だよ」という言葉につられてやってきたのは、ライターのモンゴルナイフ。

 

 

そしてこちらが、今回ご協力いただく催眠術師・川上剛史先生です。

 

川上剛史

財団法人 日本催眠術協会 理事 「SMAP×SMAP」や「世界の果てまでイッテQ!」などTVにも多数出演。数々の芸能人に催眠をかけ、話題となっている催眠術師の大御所。 公式サイトはこちら

 

モンゴルナイフの「すごい派手なお寿司屋さんですね!」というコメントとともに、記念撮影をパシャリ。どうやら寿司職人の方だと思っているようです。

 

 

しかし、残念ながら用意されているのはスーパーで買ったパック寿司です。

 

 

本日のコースはこうなっております。

 

かかったお金はドリンク込みで、たった700円ほど。これでもし人生で一番美味しいものが食べられるなら、めちゃくちゃコスパがいいですね。

 

 

食前酒「水」

さっそく催眠術をかけていきます。

 

川上先生は普通の催眠術師とは違い、かかりやすさの暗示テスト等を行わずにいきなり催眠術をかけてしまうそうです。

 

それではモンゴルナイフさん、あなたをこれから最高の体験にご案内いたします。目を閉じて……。

 

 

……。

 

 

いきなりぶっ倒れて寝てしまいました。

 

さあモンゴルナイフさん、目覚めてください……。

 

 

………。

 

完璧に催眠術がかかりました。

 

 

まずは食前酒のご用意です。

 

取り出したのは、彼女が持ってきていたペットボトルの水。このお水を最高のお酒に変えてしまいます。

 

さあモンゴルナイフさん、こちらには最高級のお酒が入っています。香りを確かめてみてください……。

 

え〜〜、これ私が買った水なんだけどな〜〜。

 

 

スンスン……

 

 

うほ……日本酒のめっちゃいい香り!!

 

 

スッ……

 

 

こ、これ……獺祭(だっさい)だ〜〜〜!!!!!

 

 

 

なんと、いろはすが超高級な日本酒である「獺祭」に(脳内で)変わってしまいました。

 

 

グイッ

 

 

かぁ〜〜〜!100円で買ったのに超お買得じゃないですか〜!!めっちゃラッキーです〜〜!!!

 

それはよかったですね。ただし、そちらのお酒、どんどん重くなるので注意してくださいね。

 

重く?先生、何言って……

 

 

るッ?!?!?!?!

 

 

なになに!なんかめっちゃ重くて動かないんですけど?!?!まだ全部飲めてないのに!!

 

 

残念ながら、獺祭(のような味がする水)はめちゃくちゃ重くなってしまいました。最初から飲みすぎてもアレなので、次の料理に行かせていただきます。

 

 

100円で買ったただの水が、数万円もする日本酒「獺祭」に!

めちゃくちゃな高コスパです!

 

 

彩鮨「スーパーで買ったパック鮨」

お次は、メインであるお寿司を食べていただきます。

 

 

スーパーで買ったパック寿司の中から、6品を厳選しました。

 

買ってから結構な時間放置してしまったので、寿司としてはかなり「終わり」に近い状態になってしまいました。

 

 

それを催眠術によって「銀座のお店の高級寿司」に変化させてもらいます。

 

いいですか、ここは銀座でも指折りのお寿司屋さんです。どのお寿司も一流の職人さんが握ったものです。さあ、食べてみてください……。

 

 

すごい……!ネタが……光ってる……!

 

宝石でも眺めるような顔で見つめるモンゴルナイフですが、実際には乾燥したパック寿司です。

 

 

パクッ……

 

 

この大トロやばい!!!!口の中でめっちゃとろける!!!!!!!!

 

パック寿司の乾燥したマグロが、大トロに変わってしまいました。

 

 

ん〜〜〜〜!!このサーモンもやばい〜!!!こんなに脂がのったサーモン、地元でも食べたことない!!!
※モンゴルナイフの地元は北海道です

 

食事をする時、気心のしれた仲間と一緒だったり楽しいことがあると、いつもの何倍も美味しく感じることがありますが、それを催眠術によって強制的に起こしているそうです。

 

ちなみに、催眠術を解いても「人生で一番美味しかった」という記憶は残りますので、この時の感動や味を忘れてしまうことはありませんよ。

 

 

「アワビの比じゃない!」と言いながら、名もなき貝の巻物を食べ……

 

 

プリップリ(と錯覚している)、しなびたエビに舌鼓。

 

 

あっという間に完食。「人生で一番美味しかった……」と何度も漏らしていました。満足度は1000%!

 

 

たった500円で買ったスーパーのパック寿司が、銀座の高級寿司に変わってしまいました。催眠術によって脳を錯覚させたら、めちゃくちゃコスパがよくありませんか?

 

 

季節のデザート(そのへんで買ったレモン)

デザートには事前に編集部で買っておいたレモンをご提供。

そのへんで買ったやつなので、別に糖度が高いとかそういうのはありません。

 

 

モンゴルナイフさん。ここにハチミツのように甘いレモンをご用意しました。デザートに召し上がってください……。

 

 

ホントだ!ハチミツみたいな香りがする〜!!

 

 

甘くてめっちゃ美味しい!口直しにピッタリ☆

 

 

片面、吸えるとこまで吸い尽くしてしまいました。よほど美味しかったのでしょう。

 

 

そしてすぐにもう片面にかぶりつくモンゴルナイフ。そこへ川上先生が……

 

「じゃあ元の味と比べてみてもらいましょう……パンッ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

お見送りには「あの人」が……!

さあ……人生で一番美味しいお寿司も食べることができましたし、そろそろお開きにせねばなりません。

 

最後に思い出に彩りを加えてくれる、「お見送り」に関する催眠術をかけていただきます。

 

モンゴルナイフさん。ほら、あそこにアナタが一番会いたかった人がお見送りに来ていますよ……!

 

えっ……?

 

 

 

誰???

 

 

あっ……!!!

 

 

犬夜叉だぁ〜〜〜〜!!!!!!!!!!!

 

 

犬夜叉 1 (少年サンデーコミックススペシャル)

犬夜叉?!?!

 

 

 

 

 

 

うわ〜〜〜〜犬夜叉〜〜〜〜!!2次元からどうやってきたの?!?!?!

 

昔大好きだったアニメ「犬夜叉」を最近になってまたネットフリックスで狂ったように見まくっているため、この男性が犬夜叉に見えているようです。

 

 

本当に感激!!!!!まさかこんな場所で犬夜叉に会えるなんて!!!!

 

 

う”ぅぅぅ〜〜〜ッ……ほんどに……こんなにうれじい事があるなんで……インターネットで頑張っできでよがっだ……!

 

あまりに感激してマジ泣きし始めてしまいました。

ちなみにこの方、筆者の仕事関係の知人で、モンゴルナイフとは初対面です。

 

 

犬耳の位置であろう空間を触り続けるモンゴルナイフ。

普通の人間にとって、そこは空(くう)なので、何も存在しません。

 

 

この出会いは、コスパで評価することはできません。モンゴルナイフ、よかったね!!

 

 

 

さあ、最高の時間もこれで終わり。名残り惜しさに泣きじゃくるモンゴルナイフをなだめながら、最後の仕上げとなります。

 

 

3……

 

 

 

2……

 

 

 

1……

 

 

 

パンッ!!!!!

 

 

 

バターーーーン!!!

 

 

きゅ〜〜〜ん

最後に「アザラシの赤ちゃん」に変身させてみました。

 

 

なんで???

 

 

終わりに

というわけで、いかがだったでしょうか?

たった700円で用意した食材が、超高級料理に変わってしまいました。

 

どんな安い食材であっても、催眠術を使えば人生で一番の体験に変えることができる……皆様もぜひご検討いただければと思います。

 

 

 

そして撮影後に気づいたのですが、催眠術師さんにお願いするのに高級寿司以上のお金がかかっているので、企画として成立していませんでした。

 

謹んでお詫び申し上げます。

 

 

 

 

ちなみにこの後、僕がお手伝いしている「神マッハバイト」で「お客さんがトカゲ人間に見える状態で接客をするバイト」でも、応募してくれた方に催眠術をかけてもらったのですが……

 

 

お客さんがトカゲ人間に見えるのはもちろん、

 

 

 

 

「カステラが感動的なアートに見える」などの催眠術もかけていたので、「なんでもアリだな」と思いました。

 

 

それでは。

 

 

—————

企画・編集・撮影:山口むつお

出演:川上剛史(催眠術師)、モンゴルナイフ、山中啓司(PARTY)、アルバイト応募の方

—————