人類で初めて月面へ降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングの大活躍を描いたデイミアン・チャゼル監督の最新作「ファースト・マン」をミラクルパワー(IMAX試写会)で見てきました。2019年2月8日公開です。

 

 

 

あらすじ

ニール・アームストロング、月へ…

 

以上

 

 

 

 

宇宙の描写が斬新すぎ

「ラ・ラ・ランド」が記憶に新しいデイミアン・チャゼル監督とライアン・ゴズリングのタッグ再びで実在の人物の半生を描いたドラマっちゅうことですが、やはりそんじょそこらの映画とは違ってて、チャゼル監督にしか出せない斬新な演出が冴え渡っておりました。

 

こういう宇宙ものって発射の瞬間とか宇宙空間の出来事こそ派手に描写しがちですが、本作は徹底してニール・アームストロングが見た視界を再現するかのように、ニールの顔面、コックピットの中、機材などをドアップで映しだします。しかも画面がこれでもかとガクガク揺れまくる!搭乗中の宇宙空間はというと、備え付けられた小窓からちょこっとしか映らない!そんなことある!?

 

 

 

 

こうすることで観客がニールの追体験をしてるかのような錯覚に陥るような気がして、結果的に宇宙空間突入の圧倒的臨場感と何が起こるか分からない極限状態、さらにいつ死んでもおかしくない恐怖が積み重なり、「最終的に月に行く」という展開は分かっていながらもスーパーダイナミックにハラハラさせてくれました。すごく思い切った手法!

 

その視界の一体化は月面に降りた時にさらに研ぎ澄まされて、これはもう言葉では説明することができない美と静謐感に溢れていました…その目でお確かめを…。ただ、私が見た試写会では、その「最も美しい瞬間」に誰かの携帯端末のバイブレーションが作動し、気が散ってしまいましたが…。鑑賞中は電源OFFにするか、バイブすらも作動しないような完全な無音モードにしましょうね…。

 

 

 

 

 

ただ月へ行くだけじゃない!

また、ただ月へ行くだけではなく、そこに行き着くまでにニール・アームストロングにしっかりと感情移入させてくれるドラマもしっかり描いてくれます。家族の喪失と結束、親友との出会い・別れ…。ベタながらも様々な人物との関わりを通してニールの「絶対月に行ったる!」という決意を固める過程も飽きさせない作りになっています。

 

さらに当時のアメリカはロシアとの宇宙開発競争に躍起になっていつつも、一般人からは「こんなことに税金使うな!」と反発されるという板挟みの状況、さらに失敗=死という強烈なプレッシャーの中での葛藤も描かれており、やっぱり超人ではなく普通の人間なのね…と思わずにはいられませんでした。前述の妻や親友たちの支えも泣ける!言わずもがなオススメです。公開されたら是非みましょう!

 

 

 

予告

 

 

余談ですが、「へレディタリー/継承」は11/30公開です

ホラーの最高到達点?映画「へレディタリー/継承」が怖すぎる

 

※ファースト・マンとは何も関係ありません。めっちゃ怖いホラー映画がそろそろ公開なので、ただ言いたかっただけです